ニュース

カテゴリー

台風が来る前にするべき事

今週はスッキリしない天気で、急な雨に降られたり、洗濯物を外に干して出かけるのもためらってしまいます。

夜は過ごしやすくていいのですが、台風11号も発生し、進路が気になるところです。

これから台風も頻繁に発生してきますが、台風が来る前に、被害にあわないために対策をとる必要があります。

そこで、今回は台風が来る前に、やっておくべき事をご紹介したいと思います。

 

◎雨戸のがたつきをチェック

台風の影響で強風や暴風による被害が発生します。

雨戸は暴風で飛んできた物から、窓を守ってくれる大切なアイテムです。

 

肝心な時に雨戸が閉まらず、パニックになることも……

 

そうなる前に雨戸が閉まるか、がたつきはないか等事前にチェックしておきましょう。

 

◎窓にヒビがないか、カギはかかるかチェック

すべての窓に雨戸があるわけではないので、雨戸がない窓はヒビがないか、カギはちゃんとかかるか、隙間はないかをチェックしておきましょう。

ヒビがあったりカギがかからない場合は、防犯も兼ねて早めに修理する事をおすすめします。

また、窓ガラスが割れ破片が飛び散ってケガをするケースが多いと聞きます。

ケガのリスクを減らすために、内側からガムテープなどを×印や格子状に貼るか、飛散防止フィルムなどで窓ガラスが割れたときの対策をとっておくとよいでしょう。

窓ガラスが割れたときに飛び散らないように、カーテンを閉めておくのもおススメです。

 

◎家の周りを片付ける

家の周りに置いてあったものが飛び散り、窓ガラスなどを割ったり、人にケガをさせたりしないように、庭やベランダ、家の周囲にある植木鉢やポリバケツ、物干しなど家の中にしまうなど、暴風で飛んでいかないように事前に片付けておきましょう。

 

◎断水・停電に備える

台風の影響で断水や停電になることも多々あります。

断水になった時のために、お風呂のお水は貯めておくようにしましょう。

トイレを流す時や手洗い用などに使えます。

 

停電に備え、懐中電灯やロウソクなども用意しておきましょう。

ロウソクは倒れたりして火災の原因にもなるので、十分注意しましょう。

懐中電灯は事前にちゃんと点灯するか確認し、予備の電池も用意しておきましょう。

 

◎不要な外出は控える

暴風や豪雨の時に外出するのはとても危険です。

飲料水を準備したり、断水・停電になっても食べれる食料品を準備しておきましょう。

 

事前に対策しておくことで、被害を受けないようにすることができます。

台風が来る前に、家の中や家の周りをチェックし、破損や修理が必要な箇所があれば早めに対策を取りましょう

お問い合わせはこちら