ニュース

カテゴリー

平成最強の寒さ

毎日寒い日が続きますね

25日は千葉県内の全観測地点で、朝の最低気温が0℃未満の冬日となりました。

市原市市で氷点下5.4℃、君津市5.1℃など、8地点で今季最低気温を記録しました

そうなると気になるのが、水道管の凍結です。

水道管は氷点下4℃以下になると凍結や破裂する可能性が高くなります

テレビなどでも水道管の凍結防止を呼び掛けていますが、

いざ、対策をしようとしてもどうしたらいいかわからないってことありませんか?

そこで、今回は水道管の凍結防止の対策や、凍結してしまった時の対策についてご紹介していきたいとおもいます。

 

具体的な対策

 

・水抜き

 元栓を閉めて、水道管内部にある水をすべて出し切る。

 

・水道管を保温する

 テープやタオルなどを巻き付ける。

 

・メーターBOXを保温する

 メーターBOX内に保温剤や発砲スチロールなど梱包用の緩衝材を入れておく。

 

これらの対策で水道管の凍結は防止することができます。

 

もし、凍結してしまったときは…

自然に解けるまで待つ、というのがベストなのですが、そういうわけにもいかないですよね。

凍結してしまったときは、破損の恐れがありますので、蛇口はあまりひねらないようにしましょう。

 

凍ってしまったときの対処法

 

・蛇口や水道管にタオルなどをかけてぬるま湯をかけます。(破裂の恐れがあるので熱湯はNGです)

 

・カイロなどの保温材を巻き付ける。

 保温材はホームセンターなどで購入することができます。

 

以上、水道管の凍結対策方法です。

まだまだ寒い日が続きますので、凍結する可能性もあります。

ぜひ参考にしてみてください

 

 

 

 

お問い合わせはこちら