ニュース

カテゴリー

お部屋の色で不健康になる⁉

4月に入り新しい生活をスタートさせた人。

今まで通りあわただしい毎日を過ごしている人。

のんびりゆったり春を満喫している人。

いろんな人がいるかと思います。

私はというと……、この間お正月を迎えたばかりなのに、もう4月?

と月日の流れの速さに驚いています。

お花見したいなぁ~なんて考えていましたが、

あれ? もう散っているなんて具合です。

 

ところで、新生活をスタートさせた人、そうでない人もお部屋の色って気にしたことありますか?

実は、強すぎる色があったり、色合いがバラバラだったりすると、

意識していなくてもストレスを感じているって知っていましたか

 

例えば、赤い光は血圧が上がって、青い光は血圧が下がる。

暖色系の部屋は運動に適していて、寒色系の部屋は勉強がはかどるんですよ。

今年はダイエットを頑張るって人は暖色系に、受験生だって人には寒色系のお部屋にするといいかもしれませんね。

お部屋をやすらぎの空間にしたい人はベージュや生成りにすると、

筋肉の緊張がほぐれてリラックスできますよ。

 

お部屋を模様替えしたい! と思っていてもどこから手を付けていいかわからない人は、

カーテンをかえてみるとお部屋の雰囲気がガラッと変わるのでお勧めです。

 

お部屋の色、ちょっと気にしてみるだけで、生活もかわりますよ。

ぜひ、試してみてください

お問い合わせはこちら