ニュース

カテゴリー

安心で快適なセカンドライフ

 

男女ともに平均寿命が80歳を超える現在、定年退職した後もセカンドライフと言われる『第二の人生』があります。

漠然と歳を重ねるのではなく、いかに『第二の人生』を快適に過ごすかが、大きなテーマになってきます。

 

その中でも『住まい』は重要な基盤となります。

将来、万が一介護が必要になった時でも家に住み続けられるか

面倒を見てくれるくれる人はいるだろうかなど、

先の見えない不安はぬぐい切れません。

 

ここで『住まい』の中で介護を考えること必要となり、不安なく快適に暮らせる住まいづくりを考えることが大切になってきます。

例えば、トイレやお風呂を使い勝手の良い仕様に替えたり

階段に手すりをつけたり

段差をなくしたり

元気なうちに準備しておくと安心して生活することができます。

 

 

元気なうちに将来を見据え、安心で快適な生活を今から考えることをおススメします

お問い合わせはこちら